フィリピン株の道

資産運用の観点から、日本ではマイナーなフィリピン株にクローズアップ。
話題のベトナム株よりフィリピン株は成果をあげられるのか!?現地情報や体験談など織り交ぜて紹介。
<< ジョージ・ソロスの気になる発言 | main | フィリピンの格付け「ポジティブ」へ↑ >>
日本のお金持ちは安定志向
 本日のフィリピン株式市場は前日比89.16(2.92%)ポイントアップして3,147.42
ポイントで引けました。

 昨日はNYダウも反発して、日経平均、フィリピン株市場ともに買い安心感が強まり
リバウンドの様子を見せてきましたが、この反動がどこまで上を目指せるのか楽しみ
なところですね。

 さて、本日はINGが世界の富裕層を対象に、投資心理についてのアンケートを
まとめたというニュースをピックアップしました。
 
 これによれば、日本の富裕層である投資家は安定志向の中長期投資を好むという
結果になったようです。また、日本人投資家は新興国に対する興味はかなりある
ようで、フィリピンに目を向けるのはそう遠くはないかもしれませんね。

【日本の富裕層、9割近くが安定重視の中長期投資を検討=ING調査】
 INGアジア・パシフィックがアジア太平洋地域の富裕層を対象に実施した投資家
心理追跡調査によると、日本の投資家は9割近くが2008年の投資戦略として
安定性を重視した慎重な中長期投資を検討している。

 積極的な投資で短期間の資産増を求める投資家が約3割を占める香港、タイ、
中国に比べ、日本の慎重姿勢が際立つ結果となった。

 同調査は日本、オーストラリア、中国、香港、インド、インドネシア、マレーシア、
ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイの13カ国・地域
で11月19─25日に行ったもので第2回目。対象は30歳以上で10万ドル以上
の可処分資産または流動資産を保有する富裕層1311人で、調査はオンラインと
対面インタビューで実施した。

 調査によると、2008年の投資戦略について「保守的な投資で長期の資金確保を
重視する」または「分散投資で中長期的な成長と安定したリターンを重視する」と
回答した投資家の比率が日本は約88%に及んだ。韓国やオーストラリアも8割を
超えたが、香港とタイは約67%、中国は72%と低かった。

 アイエヌジー生命保険のフィリップ・フォンク常務は「他のアジア太平洋地域の
投資家に比べ、日本の投資家意識は極めて慎重で、安定してバランスの取れた中長期
の投資戦略を好むことがわかった」と指摘している。

 今後3カ月以内の投資計画では、日本人投資家の17%が「国内株投資額を減らす」
と回答し、26%が「現預金を増やす」と回答。日本の投資家はポートフォリオに
占める現預金の比率が約4割とアジア太平洋地域で最も大きいほか、「レバレッジを
かけた投資を行っている」投資家は9%に過ぎないことからもINGは「日本の
投資家はリスク回避のために安定した資産運用を好む」とみている。

 ただ、日本の投資家による新興国への関心は強いという。海外投資の経験がある、
または、海外投資を検討している投資家のうち、36%が「今後3カ月に中国に投資
する」と回答し、36%が「インドに投資する」と回答した。
ロイター 08/1/24より
  
| フィリピン株 NEWS&トピックス | comments(0) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pilipinastock.com/trackback/128
トラックバック
提供: ja.exchange-rates.org
メニュー
携帯からもご覧になれます http://pilipinastock.com/
qrcode
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お問い合わせ
皆様からの情報、お問い合わせもお待ちしております。
  • お問い合わせはこちらから
  • P R
    P R
    P R
    By Amazon
    リンク
    PROFILE