フィリピン株の道

資産運用の観点から、日本ではマイナーなフィリピン株にクローズアップ。
話題のベトナム株よりフィリピン株は成果をあげられるのか!?現地情報や体験談など織り交ぜて紹介。
<< アジアファンド、中国の組み入れを下げ次に狙うのは… | main | 31年ぶりの高成長! >>
潜在競争力ランク、何番目?
 本日のフィリピン株式市場は前日比32.29(1.00%)ポイントアップして3,256.53
ポイントで引けました。前日のNYが上げていたこともあり、上昇を期待していましたが
日経平均の方が朝方弱かったこともあり、大きくは戻らずに小幅な上昇となりました。

 最近の日経平均も13,000円台を底に反発してきてはいますが、こちらもどこまで
値を戻せるのでしょうね?

 本日は潜在競争力ランクなるものが発表されている記事をピックアップしております。
日本経済研究センターというところが発表したレポートによれば、フィリピンは
まだまだ下から数えた方が早いようですね…。

【潜在競争力ランク、マレーシアは26位=日本経済研究センター】
 日本経済研究センター(JCER)は2007年の世界50カ国・地域の潜在競争力ランキング
を発表、2005、06年と連続して25位だったマレーシアは1ランク下がって26位となった。

 1一3位は香港、シンガポール、米国で、これらトップ3は3年連続で同じ順位。
日本は13位と、前年から1ランク下がった。

 「潜在競争力」は、向こう10年間に1人当たり国内総生産(GDP)をどれだけ増やす
余地があるかを、▽国際化▽企業▽教育▽金融▽政府▽科学技術▽インフラ▽IT一一
の8項目別に算出したもの。

 マレーシアは項目別では、「金融」で7位、「インフラ」で12位、「国際化」で
13位と、それぞれ日本を上回る高評価を受けたが、力を入れている「IT」が32位、
「科学技術」が37位、「政府」が38位と低い評価だった。

 その他のアジアの総合ランクは、台湾が17位、韓国が20位、中国が35位、タイが
36位、インドネシアが45位、フィリピンが48位、インドが47位、ベトナムが49位となった。
マレーシアナビ 08/1/30より
| フィリピン株 NEWS&トピックス | comments(1) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
コメント
いいですよ
いいですよ
こういう調査で
上に来るのはよくありません

とはいえあんまり下にいるのもw
| meseyan | 2008/01/31 10:37 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pilipinastock.com/trackback/131
トラックバック
提供: ja.exchange-rates.org
メニュー
携帯からもご覧になれます http://pilipinastock.com/
qrcode
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お問い合わせ
皆様からの情報、お問い合わせもお待ちしております。
  • お問い合わせはこちらから
  • P R
    P R
    P R
    By Amazon
    リンク
    PROFILE