フィリピン株の道

資産運用の観点から、日本ではマイナーなフィリピン株にクローズアップ。
話題のベトナム株よりフィリピン株は成果をあげられるのか!?現地情報や体験談など織り交ぜて紹介。
<< 今年の成長率は? | main | 石油大手ペトロン、その業績は? >>
来るか?アジアマネー
 25日のフィリピン株式市場は前日比24.70(0.86%)ポイントアップして2,892.20 24
ポイントで引けております。  

 ようやくフィリピン株市場にもブレーキがかかり始め、上に向かい始めております。

出所:Bloomberg

 株式市場に出回るニュースでよく耳にする言葉に「オイルマネー」という言葉が
ありますが、これはいわゆる原油を輸出して稼いだ利益を差し、中東諸国のお金の
代名詞となっています。

 そのオイルマネーが入ってきたとかいう噂が市場に流れると、相場に弾みがつき
上昇したりもします。
 
 そのような言葉の一つとして今後注目されそうなのが「アジアマネー」です。
アジア圏の年金資金やファンドの資金をメインとして、この地域の成長性に比例して
世界的に力をつけてきているという記事をピックアップしてみました。ご参考までに。

【アジアの運用資産、2007年は1兆5000億ドルに・前年比5割増】
 アジアの運用資産が急速に膨らんでいる。2007年は1兆5000億ドルと06年から約5割
増えたもようだ。米調査会社セルーリ・アソシエーツがまとめた統計で、経済成長を
背景に11年には3兆2000億ドルに達する見通し。海外への投資も増えており、日本の
株式市場でもアジアマネーの存在感が一段と増しそうだ。

 中国、インド、韓国、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、
フィリピンの10カ国・地域の年金基金と投資信託の運用資産についてまとめた。
NIKKEI NET 08/3/25より
| フィリピン株 NEWS&トピックス | comments(0) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.pilipinastock.com/trackback/147
トラックバック
提供: ja.exchange-rates.org
メニュー
携帯からもご覧になれます http://pilipinastock.com/
qrcode
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お問い合わせ
皆様からの情報、お問い合わせもお待ちしております。
  • お問い合わせはこちらから
  • P R
    P R
    P R
    By Amazon
    リンク
    PROFILE