フィリピン株の道

資産運用の観点から、日本ではマイナーなフィリピン株にクローズアップ。
話題のベトナム株よりフィリピン株は成果をあげられるのか!?現地情報や体験談など織り交ぜて紹介。
<< まだある!好調な不動産会社 | main | 海外からの投資は増加している? >>
進むインフレ
 連休明けのフィリピン株式市場は小幅に下げて終わりました。前日比-1.92(-0.06%)
ポイントダウンして2,981.12ポイントで引けております。

 前日のNYダウが下げていたこともあり、フィリピン株市場も反発することはなく
小幅に下げて終わりました。

 アメリカの動向により株価の動きも左右されておりますが、フィリピン国内の情勢
を見ても、少なからず下げる要因はあるようですね。ご参考までに。

【インフレ高騰】
 国家統計局(NSO)は4日、米や小麦粉の価格高騰で3月のインフレ率は21カ月
ぶりの高水準となる6.4%を記録したと発表した。

  8.2%となった食品・飲料・タバコの価格が上昇したのが主な要因で、3月の米価
は前年同月比で11%上昇した。政府は米の安定供給に向け今年は270万トンの輸入を
計画している。2月のインフレ率は5.4%だったが、これで1−3月の平均インフレ率
は5.6%となった。

  中央銀行(BSP)は3月のインフレ率を5.9%と予想していたが、こうした状況
から今年のインフレ目標を維持することはできないと示唆している。
フィリピンインサイドニュース 08/4/8より
| フィリピン株 NEWS&トピックス | comments(2) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
コメント
インフレはフィリピンだけの
問題ではありませんねー
| meseyan | 2008/04/11 11:48 AM |
meseyanさん、お久しぶりです。

そうですね。近隣のアジア圏でもインフレの問題が
深刻のようですからね。
| SUGA | 2008/04/12 2:40 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pilipinastock.com/trackback/150
トラックバック
提供: ja.exchange-rates.org
メニュー
携帯からもご覧になれます http://pilipinastock.com/
qrcode
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お問い合わせ
皆様からの情報、お問い合わせもお待ちしております。
  • お問い合わせはこちらから
  • P R
    P R
    P R
    By Amazon
    リンク
    PROFILE