フィリピン株の道

資産運用の観点から、日本ではマイナーなフィリピン株にクローズアップ。
話題のベトナム株よりフィリピン株は成果をあげられるのか!?現地情報や体験談など織り交ぜて紹介。
<< 今年半ばに回復していくか… | main | インフレに歯止めを >>
2,500ポイント割れ
 本日のフィリピン株式市場は前日比-79.19(-3.07%)ポイントダウンして2,499.38
ポイントで引けました。ついに2,500の壁を割れてしまいました。

 またもや同時進行で下落ムードが漂ってきましたね。特にフィリピン株式市場に
おいては、インフレ懸念が根強く、本日のニュースもさらに追い討ちをかけるような
材料となってしまったのかもしれません。

【IMF、08年フィリピン経済成長率予想を5.2%に引き下げ】
 国際通貨基金(IMF)は22日、2008年のフィリピン経済成長率見通しを
5.8%から5.2%に引き下げた。海外の需要の伸び悩みと消費低迷が理由という。

 当地を訪れたIMFのチームは声明を発表し「経済成長ペースは鈍化し、インフレ率
は高水準にとどまる公算が大きい。困難を乗り切るには賢明なマクロ経済政策を維持
することが不可欠だ」と述べた。

 IMFは、インフレ率が今後数カ月は2ケタ台に近い水準で推移するとの見通しを
示したが、フィリピン中銀の金融政策はタカ派的で適切であると指摘した。

 5月のインフレ率は過去9年で最高の9.6%に達したが、テタンコ中銀総裁は、
燃料・食品価格の上昇に歯止めがかかっていないことから、インフレ率は今年第3・
四半期に10─11%でピークに達する可能性があるとの見解を示した。
ロイター 08/6/23より
| フィリピン株 NEWS&トピックス | comments(0) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pilipinastock.com/trackback/163
トラックバック
提供: ja.exchange-rates.org
メニュー
携帯からもご覧になれます http://pilipinastock.com/
qrcode
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お問い合わせ
皆様からの情報、お問い合わせもお待ちしております。
  • お問い合わせはこちらから
  • P R
    P R
    P R
    By Amazon
    リンク
    PROFILE