フィリピン株の道

資産運用の観点から、日本ではマイナーなフィリピン株にクローズアップ。
話題のベトナム株よりフィリピン株は成果をあげられるのか!?現地情報や体験談など織り交ぜて紹介。
<< GDP伸び率回復していくか? | main | 半値以下の大処分市 >>
逃げゆく資金
 ご無沙汰しております。SUGAです。ひさしぶりの更新となっておりますが、
引き続きマーケットはウォッチしております。本日のフィリピン株市場は前日比
-66.68(-2.60%)ポイントダウン2,499.53ポイントで引けております。

 本日は日経平均も朝方から軟調な出だしで始まり、ずるずると下降曲線を描いて
おりました。アメリカの金融不安から、誰もがキャッシュに変えておこうと考える
人が増えてきているようです。

 その中でもアジア圏の中では、韓国の投資資金の回収が急激に速まっているという
ニュースをピックアップしております。フィリピン市場にも外国資本が入っていた
経緯から、引き上げていく投資家が増えるのかもしれません。ご参考までに。
【外国人の資金引き揚げ、韓国がアジアで最高】
 米国発の金融危機を前後し、外国人投資家がアジア主要国・地域の株式市場で
韓国から最も資金を引き揚げていることが5日までに分かった。

 国際金融センターによると、今年6月から9月にかけ4カ月連続で外国人による
売り越しを記録した韓国、台湾、インド、タイ、フィリピン、インドネシアの
株式市場を分析した結果、韓国株式市場の売り越し規模が146億8000万ドル
(約1兆5480億円)で最も多かった。

 国際金融センターはアジア通貨危機直後、国際的な金融市場情報を収集、
分析するために設立された機関。

 以下、台湾(112億7200万ドル)、インド(53億1000万ドル)、タイ
(33億1400万ドル)、フィリピン(1億9700万ドル)、インドネシア
(1億9600万ドル)の順だった。

 シティバンクのエコノミスト、オ・ソクテ氏は「外国人にとってアジア市場は
リスクがある資産投資対象に分類されており、金詰まりが起き現金が必要になれば、
真っ先に資金が引き揚げられる。特に韓国市場は規模が大きく、流動性も豊富
なため、外国人が優先的に資金を引き揚げるケースが多い」と指摘した。
朝鮮日報 08/10/6より
| フィリピン株 NEWS&トピックス | comments(1) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
コメント
日本と中国の外貨準備で
東南アジア諸国のリスクを
封じ込めることができるかですね
| meseyan | 2008/10/25 11:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.pilipinastock.com/trackback/167
トラックバック
提供: ja.exchange-rates.org
メニュー
携帯からもご覧になれます http://pilipinastock.com/
qrcode
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お問い合わせ
皆様からの情報、お問い合わせもお待ちしております。
  • お問い合わせはこちらから
  • P R
    P R
    P R
    By Amazon
    リンク
    PROFILE