フィリピン株の道

資産運用の観点から、日本ではマイナーなフィリピン株にクローズアップ。
話題のベトナム株よりフィリピン株は成果をあげられるのか!?現地情報や体験談など織り交ぜて紹介。
<< キリン、さらに首を伸ばす!? | main | 来年のGDP値は上向きになる!? >>
いざ参る!フィリピンの証券会社へ(その3)
 こんばんは、SUGAです。今回は、いよいよ証券会社へ訪問となります。
日本からのメールのやりとりで事前に流れを確認し、万全を期した(つもりの)
訪問でした。(参照:これまでの流れ) 

 Citisec社はフィリピン証券取引所と同じビルに入っており、エレベーターで
上階まで昇っていきます。

 フロアにつくとシーンと静まりかえっており、一瞬場所を間違えたのかと
思いましたが、廊下を進んで行くとすぐに入り口を見つけることができました。
citisec1
 オンライン証券なので店舗はないのだろうと日本的な解釈をしていたのですが、
店頭受付窓口が用意されていました。
citisec2
 店頭窓口といっても、事務センターのような位置づけなのでしょう。日本の
証券会社のようにカウンターがあって、投信などを勧める光景は見られません。
 現地の方も口座開設をしに来ている様子は見かけましたが…。

 さて、ここから英会話での口座開設を体験します。もちろん、私の英会話は
会話の7割がボディーランゲージで残りの3割はメールのやりとりで覚えた単語
を駆使します。

 受付の奥から男性社員が出てきて対応してくれました。彼はフィリピンの
ネイティブイングリッシュで説明してくれるので、ヒアリングだけで通常の倍の
時間がかったと思います。

 しかし彼は、私の執拗な聞き返しに嫌な顔ひとつ見せることなく、日本からの
来客に対して熱心に書類の記入方法を教えてくれました。とても好印象です。

 書類の記入がある程度まで仕上がると、本人確認書類の提示を促されたので、
パスポートを提出しました。すると奥へ行ってコピーをとってくれました。
私もそれで完了だと思ってたのが、迂闊でした。

 彼、いわくパスポートのコピーにはAuthenticateが必要だと言うのです。
au・then・ti・cate
[動](他)…が真正の物[本物, 信頼できる物]であることを証明[確証]する
引用:プログレッシブ英和中辞典より
一瞬、「へ?何のこと?」と思いましたが、このパスポートのコピーが
「本物ですよ」ということを証明するためにフィリピン大使館の押印が必要
とのことでした。

 確かメールのやりとりでそんな一文も見かけたなと瞬時に悟り、プリント
アウトして持参したメールの内容を再度確認します。
2. You can use other government issued identification documents
to establish an account but they must be authenticated and
stamped by the Philippine Embassy in Tokyo.
(以下、YAHOO翻訳)
2. あなたは口座を確立するために他の政府出された識別文書を使うことが
できます、しかし、彼らは認証されなければならなくて、東京のフィリピンの
大使館のそばで印を押されなければなりません。
 私は、この一文からパスポート以外の他の代替案として「認証された
ものを持参しなさい」と理解していたため、もちろん用意しておりません。

 そもそも、日本の外務省が発行しているパスポートに何でそこまでする必要が
あるのだろうか?とも思いました。また、YAHOO翻訳を都合よく理解していた自分を
猛省しながら、「せっかくフィリピンまで足を運んで門前払いか?」と落胆して
いました。

 ところが、彼は「後で送り返してくれればいいよ」と行ってくれたので、なんとか
ひと安心することが出来ました。

 それと「課税証明か源泉徴収票などの書類も一緒にね」ということでした。
「郷に入っては郷に従え」そんな言葉が私の脳裏をよぎり、日本にもどってから
書類を用意することにしました。

 とりあえずは、今できることだけ済ませようと、HP上の画面操作なども簡単に
聞いておきます。
citisec3
「日本語表示されてれば便利なのになぁ…」と思いながら、画面操作を教わりました。

 かれこれ、証券会社内に1時間以上はいたと思います。最後まで親切に教えて
くれた彼にお礼を伝えて退出しました。

 結果、日本での宿題を持ち帰ることになり、現地での口座開設も簡単にはいかない
のものだとハードルの高さを感じました。

 皆さんもこの私の体験談を、今後の参考にしていただければと思います。
フィリピン株の口座を既に作られている日本人の方がいらっしゃいましたら、
面白い情報などもお待ちしております。

 その後の日本での宿題については、改めてご紹介してゆきたいと思います。
| フィリピン株口座開設まで | comments(6) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
コメント
こんにちは。フィリピン株に興味を持っています。現在マニラ在住歴2ヶ月です。僕も近いうちに証券口座を開設しようと思っているのですが、源泉徴収、課税証明書が必要というのは日本からのものでしょうか?仕事でここにいるわけではないので現地のビザ及びに税金の証明書はありません。
株自体初めてなので分からない事だらけです。
素人じみた質問ですみません。
| masa | 2007/07/07 4:52 AM |
masaさんコメントありがとうございます。
お仕事でマニラにいらっしゃるのですね。

フィリピン株の口座開設にあたり、必要な書類は
どの証券会社でもそれほど変わりはないと思います。

上記記事で取り上げた認証されたパスポートコピー
の他には、「その1」でご紹介させていただいた
メール本文に記載されていたものを用意された方
がよろしいかと思われます。

4.The requirements for a foreign investor and
not residing in the Philippines are,

*Photocopy of 2 ID’s can be:
- passport
- birth certificate
- major credit card with photo
- company ID
- driver’s license

*1 Copy of latest proof of billing:
- electric bill
- bank statement
- water bill
- credit card
- club membership bill
*Proof of government permission to engage in business
*Documents authenticated by the Philippine Embassy
*Proof of income certified by your employer

ご質問の件ですが、私はフィリピンからみて
非居住者(日本在住)ですので、日本での課税
証明などを用意するようにとのことでした。

masaさんも日本企業に在籍されてのご赴任かと
思われますので、恐らく同様のものが必要になる
のかと思います。

現地駐在の方であれば、何か別の方法もあるのかも
しれませんね?

正確な回答ができず、申し訳ございません。
私もぶっつけ本番で望んだ次第でして・・・。

また、いろいろと情報がわかりしだい載せていき
たいと思います。
| SUGA | 2007/07/07 3:22 PM |
ありがとうございます。 在住者ではないので僕も日本の課税証明が必要になるかもしれませんね。 英文に訳したものが必要と言う事ですね? 近く自分でも行ってみようと思います。 
| masa | 2007/07/11 1:49 AM |
masaさん、こんにちは。

ご質問の件、英訳のものが望ましいはずです。

私のように二度手間にならないよう、訪れる証券
会社へ事前に確認されることをおすすめします。

何か情報がわかりましたら、またコメントお願い
します。

| SUGA | 2007/07/11 10:04 AM |
何度もすみません。 パシッぐのCITISEC の場所ですがどのあたりになるのでしょうか? さしつかえがなければ教えていただけますか 来週にでも行ってみようと思います。
| masa | 2007/07/11 11:34 PM |
masaさん、こんばんは。

citisec社の場所とのことですが、Pasigにある証券取引所
と同じビル(East Tower)の中にありましたよ。

ご参考までに、HP内にあった住所を以下に載せておきます。

Our Office Location

Unit 2703-C East Tower, Philippine Stock Exchange
Centre, Exchange Rd., Ortigas Centre, Pasig City

平日の9時から17時までopenしてるとのことです。

| SUGA | 2007/07/12 12:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pilipinastock.com/trackback/26
トラックバック
提供: ja.exchange-rates.org
メニュー
携帯からもご覧になれます http://pilipinastock.com/
qrcode
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お問い合わせ
皆様からの情報、お問い合わせもお待ちしております。
  • お問い合わせはこちらから
  • P R
    P R
    P R
    By Amazon
    リンク
    PROFILE