フィリピン株の道

資産運用の観点から、日本ではマイナーなフィリピン株にクローズアップ。
話題のベトナム株よりフィリピン株は成果をあげられるのか!?現地情報や体験談など織り交ぜて紹介。
<< フィリピンの輸出の現状は? | main | 日本での宿題(公証役場編) >>
海外の金融機関で口座を作る方は必読!
 こんにちは、SUGAです。前回のフィリピンの証券会社での珍道中にもうひとつ
オマケがありました。

 日本へ帰宅してから、メールをチェックしてみるとcitisec社から1通のメールが
届いていたのです。簡単な文章で「あなたの書類にはサインが1つ抜けていたので、
まだフィリピンにいるなら立ち寄ることができますか?」という内容です。

 「!!」もう既に日本です。すぐ戻れる距離ではありません。証券会社には
既に帰国してるとメールしました。
 
 私は宿題として日本で用意する書類がありましたので、開設用紙を日本に
送り返すように伝えました。そして、書類が揃ったら一緒にして送り返すという
流れにしました。

 さて、日本での宿題(パスポートコピーのAuthenticate)をするはめになり、
(参照:これまでの流れ)自分の無知を恥じて関連書籍を読みあさりました。

海外預金口座の開設活用徹底ガイド海外預金口座の開設活用徹底ガイド
岩崎 博充

個人投資の楽園 オフショア入門完全マニュアル 〜お金の心配がいらない究極の人生設計〜 わたし、かわいいお金を海外投資でふやしました。―銀座ホステスの華麗なる資産形成術 小富豪のための金融シティ「香港」の楽しみ方 (Cool & smart investors) 小富豪のためのタックスヘイヴン入門 あなたの資産を減らさないための 海外納税のすすめ 大増税時代のオフショア・タックス・プランニング

by G-Tools


 国外に(銀行)口座を作る際のガイドとしては、上記のようにいくつか
出されております。中でも「海外預金口座の開設活用徹底ガイド」という本が
非常に的確に説明されており、大変役に立ちました。

 主に外国での銀行口座の開設についての説明ですが、金融機関である証券会社
にも応用することが出来ます。必要書類の概念についてもわかりやすく説明され、
今後海外で口座開設を検討される方は一読されることをおすすめします。
| 投資について学べる書籍 | comments(0) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pilipinastock.com/trackback/30
トラックバック
提供: ja.exchange-rates.org
メニュー
携帯からもご覧になれます http://pilipinastock.com/
qrcode
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お問い合わせ
皆様からの情報、お問い合わせもお待ちしております。
  • お問い合わせはこちらから
  • P R
    P R
    P R
    By Amazon
    リンク
    PROFILE