フィリピン株の道

資産運用の観点から、日本ではマイナーなフィリピン株にクローズアップ。
話題のベトナム株よりフィリピン株は成果をあげられるのか!?現地情報や体験談など織り交ぜて紹介。
<< 海外の金融機関で口座を作る方は必読! | main | 上半期、外国人投資家は買い意欲旺盛でした >>
日本での宿題(公証役場編)
 こんばんは、SUGAです。前回のフィリピンの証券会社でのやりとりから
日本での宿題を持ち帰ることになり(参照:これまでの流れ)、パスポート
コピーにAuthenticate(認証)してもらう必要がありました。

 そこで東京の六本木にあるフィリピン大使館に確認すると、認証してもらう
ためには事前に所定の手続きを踏んだ書類を持参しないと認証してもらえない
ということがわかりました。

 以下、フィリピン大使館での認証手続き案内文より抜粋。
【認証手続きについて】
 「認証」とは日本国内で作成された法的文書を日本国外(フィリピン国内)
で公的に使用するために必要な手続きです。

 申請者は下記に列記したそれぞれの日本の機関で証明を受けた後、フィリピン
共和国大使館で認証を申請してください。

 認証には和文原文およびその英訳(翻訳会社などでされたもの)の両方を
用意する必要があります。

1、公証役場(公証人と法務局長の証明印)
2、外務省証明班(外務省の証明印)
3、フィリピン共和国大使館ビザ課

1、2の手続きが終了した後、認証が必要とされる文書をお持ちください。
受理日は申請日の3日後です。(申請当日、土日は数えません)。
(注意:認証書類とその書類のコピーを1部提出すること)

 前回もご紹介した海外の金融機関での口座開設ガイド本にも説明されてますが、
このパスポートの認証というのは、外国で口座開設をするには避けては通れない
関門となります(各国の金融機関ごとに異なりますので、要確認)。

 これらの手続きを踏まなければ前に進みませんので、公証役場へと向かいます。
公証役場は住所近くの公証役場でかまいません。私は都内在住のため近隣の
公証役場を訪問しました。(参照:日本公証人連合会

 公証役場の方が親切に説明してくれましたが、本来パスポートは公文書なので
公証役場ではパスポートのコピーに対しても認証はしないとのことでした。
 ただし、海外の口座開設などの理由でそのコピーが正しいものだと宣言する
私文書に対して認証するという手続きを説明してくれました。ん〜複雑ですね。

 これは、「外務省が発行したパスポートを持参している日本人ですよ」と宣言
してる書類を公証人の面前で署名して、それに対して公証人と法務局長の証明印
をもらうという、何とも複雑な手続きです。

 また、公証役場でもワンストップサービスといって東京都内、神奈川県内の
公証役場で取り扱う件については、一箇所で完結し法務局や外務省へ行く手間を
省くことができるそうです(参照:私文書(外国向け私署証書)の認証手続き/外務省)。

 ちなみに宣言書というのは定型のものがあるわけではないそうで、公証役場でも
何件か問い合わせがあるのでフォーマットを用意して利用しているとのことでした。
宣言書
 公証役場での手続きは必要書類に記入し、賞味30分くらいですすめてくれます。
認証費用として5,500円、英文訳も必要なので英文表記の書類の加算として6,000円
トータルで11,500円払いました。
宣言書2
 上から、公証人、法務局長、外務省と印鑑が押されております。なんとか必要書類
を添えることができたので大使館へ提出することにします。
 
 続きは「大使館編」でご紹介したいと思います。
| フィリピン株口座開設まで | comments(4) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
コメント
こんにちは。マサです。
以外に面倒な手続きが多い事にびっくりしました。
例えば僕の場合、フィリピンにいるわけですが一度日本に戻らなくては口座の開設はできないと言う事なのでしょうか。
わざわざ帰らなくてはならないと言う事になるとなかなか簡単にいかないなと思いました。
確か公証人役場関係の書類は本人で無ければだめでしたよね。 委任状で代理人を立てることは可能なのでしょうか?
| masa | 2007/07/20 2:08 AM |
masaさん、こんばんは。

思っていた以上に手続きが面倒なので、私も困惑
してしまいました。

masaさんのケースですと、フィリピンへ訪れる際に
現地の金融機関の口座開設用に何か証明書類を
ご用意されてますでしょうか?

もし持参されていないと、私のような手続きを踏む
必要があるのかもしれません。

おっしゃるとおり公証役場でのは手続きは原則、
本人が公証人の面前でサインすることになって
おります。代理人が手続きをとることもできる
ようですが(印鑑証明などもいるそうです)、
その書類がOKとなるかどうかは国によって異なる
との回答でした。
参照:http://www.koshonin.gr.jp/index2.html

なので、代理人に頼むことがベストな方法なのか
どうかは私の方からは回答しかねてしまいます。
お役に立てず申し訳ございません。

ただし、masaさんは現にフィリピンにいらっしゃる
ので証券会社によっては、何かいい案を提示して
くれるのかもしれません。一度お問い合わせして
みてはいかがでしょうか?

証券会社も口座開設してくれる日本人はウエルカム
のはずですから…。
| SUGA | 2007/07/20 9:05 PM |
BPITradeの口座開設には、BPIもしくはその系列銀行に既に口座を持っていることが前提です。
銀行口座を持っていれば、BPITradeにての口座開設は非常に簡単です。BPITradeのウェブサイトにある申込用紙に記入して、それをBPI支店に持ち込めばOK.です。必要なのは、本人の写真およびサイン入りIDを2種類のみです。申込み用紙提出後、確か10日前後で開設が完了しました。

フィリピン国内に住所があるのであれば、BPI銀行口座開設からチャレンジされるのが良いかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
| ふ | 2007/07/22 12:58 AM |
ふさん、貴重な情報ありがとうございました。

大変参考になりました。
今後とも、役立つ情報がございましたらご協力の程
よろしくお願い申し上げます。
| SUGA | 2007/07/22 10:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pilipinastock.com/trackback/33
トラックバック
提供: ja.exchange-rates.org
メニュー
携帯からもご覧になれます http://pilipinastock.com/
qrcode
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お問い合わせ
皆様からの情報、お問い合わせもお待ちしております。
  • お問い合わせはこちらから
  • P R
    P R
    P R
    By Amazon
    リンク
    PROFILE